働きたいのに、働けない。

31歳、独身、女の徒然。

やりたいこと案について。医療系は難しくて諦めた話

やりたいことを探していて、これはどうかな?と思ったけれど、調べているうちに違うな。と思ったことのただの記録。

興味のあったことは、ひとつめは東洋医学

2000年以上前の中国で発祥し、東アジア(日本・中国・韓国)の地域で発展した医学。

東アジアの気候や風土、その地域で生きてきた人々の生活習慣や考え方に基づいた治療法

東洋医学のきほんより引用

 
気の巡りを良くしたくて、「陰陽五行」というものがあることを知った。

※こんなやつ

f:id:nami_02:20210812134805j:plain


未病と呼ばれる、病気を予防するために古来より重視されてきたもの。

個人的には、気虚血虚あたりにあてはまるのかな?とは思った。

薬膳だったり、積極的に取り入れた方が良い食材はあるけれど、結局、日常的にバランス良く食べておくに越したことはないという結論にいつも行き着く。

というか書いていた途中で文章が消えてしまったので、何を書いていたか忘れてしまった(おい)

とりあえず、めっちゃ参考になりそうだったサイトのURLだけは貼っておく。

 

そして、鍼灸、漢方、経絡がこれにあたる。

今、美容鍼なども取り入れている人が多いし、ふわっと鍼灸師という職業にも興味を持った。

国家資格が必要で、専門学校へ通うことで受験資格を得ることができるっぽい。
(学校へ通うことが必要だと分かった瞬間、望みは
絶たれる)

 

そしてふたつめは、臨床心理士

心と身体は繋がっているとよく言うけれど、メンタル面についてより深く分析して、それが誰かの役に立ったり、悩んでいる人を救えたらいいなぁ。と思って興味を持ったもの。

でも、大学院を出る必要があって、それでもその仕事一本で生計を立てることは中々難しいらしい。

やってみなきゃ分からないのかもしれないけれど、なんか私は現実的なところまで考えてしまう。

何事も合理的に上手くいく方法がないか探ってしまう。

人生に近道なんてないのに。


あと看護師さんって給与が高いイメージだけど、周りに話を聞いていても人間関係がめっちゃ大変そうだし、夜勤とかあるし、人の命に関わっているくらい重大な役割を担っているのに、もっと給与貰ってもいいくらい社会に貢献してると勝手に思っている。

話が逸れた。そもそも医療系って、専門職だから誰でもなれる訳ではないんですよね(当たり前だわ)

そう考えると、高校生くらいの頃から専門職のことをもっと知っておけば良かったのかなぁとも思うけれど、その時は興味がなかったりするし、過去を振り返ってみたところで、どうしようもない。

31歳なんて、立派な大人な年齢だけれど、まだまだ若いという見方もできるのだから、何事もチャレンジする精神というものを忘れないでおきたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ