働きたいのに、働けない。

31歳、独身、女の徒然。

ずっと独身でいるつもり?観てみた

ずっと観たいと思っていた作品。

AmazonPrimeで配信されていたので迷わず観た。

さみしくてしんどい夜に、生き抜くための<賛歌>

10年前に執筆したエッセイから一躍有名作家となった本田まみ(田中みな実)、36歳、独身。自立した女性の幸せの価値を赤裸々に綴り、読者の支持を得たが、それに次ぐヒット作を書けずにいる。仕事にやりがいを感じながらも目下迷走中のまみは、自身の年齢に対して事あるごとに周囲から「ずっと独身でいるつもり?」と心配されている。一方、まみが出演する配信番組をきっかけに交錯する女性たち―まみの書いたエッセイを支えに自立した生き方を貫く由紀乃(市川実和子)、"なんちゃってイクメン"の夫への小さな不満を抱えながらインスタ主婦を続ける彩佳(徳永えり)、パパ活女子として生計をたてつつも、若さを失うことに怯える美穂(松村沙友理)。それぞれの異なる生きづらさを抱える4人が踏み出した小さな一歩とは?

田中みな実さん可愛いい〜。
細い。顔小さい。

アラサー女性の誰しもが悩む時期であろう様々な課題に切り込んだ作品。

それぞれの役割があって、悩める世代の話がリアルで共感の嵐。

仕事、結婚、出産、育児。

パートナーとの関係、新しい家族との兼ね合い。

独身であろうが、そうでなかろうが。

「幸せです」

言い切れるのが逞しい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ