働きたいのに、働けない。

31歳、独身、女の徒然。

そろそろ無職が限界

自分に自信がないのをなくしたい。

 

そろそろ無職が限界。

 

退職して、かれこれ2ヶ月近く経つ。

 

過去の経験上、ニート生活だと絶対に暇で精神的に苦痛だから避けたいと思っていたはずなのに、今も尚、ニート生活でもう何度目か分からないハローワークへ通っている。

 

なにをやっているんだろう、という思いが襲ってくる瞬間だ。

 

 

私はこれまで仕事で楽しいと思えたことがない。

 

働いて楽しい!と感じたことがあるのは、すべてアルバイトだ。

 

生活していこうと思ったら、まとまったお金が必要で、しかも安定的に長期間働き続けなければならないから、つくづく毎日のサイクルを確立化させるのは簡単なことではないなと実感している。

 

 

しかもこのクソ暑い時期。

外に出るのも嫌なほど夏が嫌いなのに、ずっと部屋にいるとエアコン使うし、フラストレーションも溜まる。

集中力が続かなくて、一人で家でPC作業すらできない。

 

 

一番の問題は、日中の体調が優れないということだ。

 

昔はそこまで感じなかったけれど、少し外出するだけで、本当にしんどい。

 

例えば、面接に行っただけで疲れるのに、こんなんで本当に日常生活が送れる自信がない。

 

 

ずっと家にいる方が体調はそこまで悪くならずに済むのだけれど、意識があると、どこか遠くへ行きたくなったり、なにか違うことをしたくなりたくなってしまうから、本当はできることならずっと寝ていたい。

その方が意識がなくて済むから。(発想がクズ)

 

でも、なんだか眠れないんですよね。

 

まあ普通、1日12時間も人は日常的に眠らないのかもしれないけれど、精神的に情緒不安定だ。

 

 

仕事がないから精神的に不安定なのかとも思っていたけれど、過去を振り返ってみても、何をやっても楽しくないだとか限界だと感じていたので、これはきっと自分自身の問題なのだとも思う。

 

とはいえ、一人で考え過ぎても答えは出ないのだから、もっと外へと出て他者と関わることが大事なのだと思う。

 

自分だけじゃないのかもしれないけれど、肉体的にも精神的にも疲れるからダメなんですよね…。

 

まずは、この疲れを取らないと。

 

睡眠の質、適度な運動、バランスの取れた食事、笑顔と自分から挨拶する人との関わり、目標。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ