働きたいのに、働けない。

31歳、独身、女の徒然。

決まったアルバイト先の良いところ

今、働いているアルバイト先の良いところにフォーカスすると、凄く働きやすい環境ではある。

その大部分を占めるのが人間関係。

バイトって本当に一緒にシフトに入る人によって大きく左右される。

自分の年齢が高くなるほど、若い子たちと一緒に入らなければならなくなるシーンも多くなってくるし、合わないと毎回苦痛でしかなくなる。

 

店長が物凄く良い人。

私は、女だけの職場って苦手で、男性が入ってくれた方が余計な気を遣わずに済むので物凄くやりやすい。

しかも説明もきちんとしてくれるし(転職を繰り返していて、本当に色んな人がいるな。と思わせられる)

 

話してくれるので、普通に楽しい。

この普通に楽しいことって、当たり前じゃないんだよ。

なんだか、余計にそう思わされたのが、他の社員さんと入った時は全然会話をしてくれない人で、とてつもなく時間が経つのが長い。

本来、仕事に会話なんて必要ないのかもしれないけれど、自分が基本的に話さない部類の人間だからこそ、相手も寡黙な人よりは喋ってくれる人の方が合っている気がする。

 

昔、バイトで裏方で働いていたことがあって、淡々と業務をこなすことに徹していた。

それが自分に与えられた役割だと思っていたから。

でも、一緒に働く周りの人たちとコミュニケーションを取りながら円滑に仕事をまわしたり、良い空気(雰囲気)をつくることも大事だし、それが仕事をするうえで必要なことだと今なら分かる気がする。

少人数だからやりやすい。

それが大きいのかもしれない。

人間的に合わない人もいる中で、今の環境はなにかと人に恵まれているな、と思う。

ずっと社会不適合者だと感じていた私がそう感じられるようになったのは、傾向として自分の興味のある分野を選択しているからだと思う。

アルバイトだから楽なのかもしれないけれど、数あるバイトをやってみて働きづらいと感じた職場もあったし、こればかりは経験してみない限り分からない。

ただの結果に過ぎないけれど、何社も受けた面接で、ことごとく落とされて結果的には良かったと思う。

 

ただ、所詮アルバイトなので、どうやって生活しているの?と、周りから心配されるほど低収入以下の暮らしをしている。

真っ当に働くのが無理過ぎて、お金を諦めた結果。

 

生きていくうえで、何が正しいのかよく分からないんてすよね。

今のところ、楽しければ良いか。という感情が最優先されて生きてしまっている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ